綾瀬はるかさんが主演のとなる夏のドラマについて、まとめてみたいと思います。

ついに本日、初回放送が流れますので楽しみですね。

題して『義母と娘のブルース第一話のあらすじやキャストは?主題歌も!』です。

スポンサーズリンク



義母と娘のブルース第一話の見どころやキャストは

第一話の放送

2018/年7月10日(火)10:00~スタート

こちらのドラマはTBS系ドラマとなっています。



義母と娘のブルース相関図

第一話あらすじ

お話を簡単に言うと綾瀬はるかさんがものすごいライバル会社に勤めるバリバリの営業ウーマンにもかかわらず、

先妻と死別したシングルファーザーの竹ノ内さんの営業マンに告白され、ついに子供のみゆきちゃんに紹介されることになりました。

しかし、肝心のみゆきには「私、この人嫌い」と拒絶されるしまつ 。

下山不動産の噂好きおばちゃん・下山和子 (麻生祐未) に、「再婚は早いのでは?」 と釘を刺されてしまう良一。

下山さんから愛ちゃん(亡くなったお嫁さん)がなくなって3年も経ってないし、娘のことも考えてあげてと説得されてしまいました。

亜希子(綾瀬はるか)が行くということを内緒で、アスレチックをみんなで行くことを考え出しました。

下山和子 (麻生祐未)のもとに訪れるも「あんたの味方はできないよ。私はみゆきちゃんの味方」と拒絶される亜希子(綾瀬はるか)。

 

麦田章(佐藤健)のバイク田急便に荷物を預けたのはいいのですが、これが後に大変な問題に発展・・。

アスレチックへと出かけた父娘。隠れてついて行く亜希子(綾瀬はるか)。

を亜希子(綾瀬はるか)と娘が怖いアスレチックから滑って宙ぶらりんになってしまいます。

亜希子は、冷たい表情ながらも、メリットがあるからっ結婚したいんだって、宮本(竹ノ内)言いいます。

アスレチックでおしっこを漏らしてしまった娘は、あのひと絶対に許さないと本気で怒ってしまいました。

下山からいじめの情報を聞いて、亜希子が、みゆきがボールの標的にされていたところを目撃。

そして、亜希子はみゆきが、ボスに交渉に行くようにすすめます。

責任は亜希子がとるということでみゆきを後押しをします。

みゆきちゃんもボスと交渉できました!

田口が部長に助けを求める電話がかかってきて終了しました!

バイク便が間違えたのか?見積書が間違えて入っていたのか・・。

取引先の交渉の為、亜希子は中国へ行きました!

みゆきちゃんから手紙が届く。それは採用通知でした。

やっとみゆきちゃんが認めてくれているっていうことで、

喜んだ亜希子がお迎えに来ました。

なにしにきたんですか?

このたびは私を採用いただきありがとうございました。

感謝の意を表すために、ひよこの腹芸を見せてくれるのでした!

でも腹芸のせいで、知らないとつっぱねてしまうみゆきなのでした。

唐突にまとまった再婚の謎の訳があるそうです。


義母と娘のブルースの主題歌は?

【主題歌】MISIAが歌っています!
楽天ならいつでも送料無料!
主題歌:アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)/MISIA
アイノカタチfeat.HIDE(GReeeeN) [ MISIA ]

【原作・脚本など】

原作:桜沢鈴「義母と娘のブルース」(ぶんか社)
脚本:森下佳子
演出:平川雄一朗
演出:中前勇児

試写会の感想

健君がかっこいいですね!



まとめ

今日は、『義母と娘のブルース第一話のあらすじやキャストは?主題歌も!』についてまとめてみましたがいかがでしたか?

今日から始まる、『義母と娘のブルース』は、シングルファーザーという設定で全くお母さんらしくない綾瀬はるかさんが演じる営業レディがどうやって、義理の娘と絆を結んでいくかというのが見どころのようですね。

女性らしくない営業ウーマンの彼女がこれからどうやって、みゆきとうまくやっていくのか楽しみですね!

畑違いの家事や育児に奔走する10年間を描くストーリーだそうで、結構な長さを描くストーリーにちょっと驚きですがほっこりとした気分にさせてくれるそうですよ。
ではでは楽しみに観てみましょう!

最後までお読み頂きましてありがとうございました。