こんにちは。

阿部 寛さんの「下町ロケット」1話も見応えありましたね。

第2回も放送時間拡大でたっぷり楽しめますね!

今回は、『 [下町ロケット2018]の第2話あらすじネタバレ!無料見逃し配信/動画の視聴方法も!』
についてまとめていきます!

あらすじネタバレ更新しました!


スポンサーズリンク


ドラマ阿部 寛下町ロケットの第2話あらすじは?

下町ロケットイメージ
画像引用:TBS公式サイト

 

下町ロケット 第2回放送予定日
日程:2018年10月21日
毎週日曜よる9:00~

「下町ロケット」第2話あらすじ
帝国重工のスターダスト計画最後のロケット、ヤタガラス7号のエンジン部品はすべて内部調達で進めていました。しかし、佃の特許技術をつかわなくては、燃焼試験に合格しません。帝国重工が、今、打ち上げ失敗のまま、ロケット事業から撤退すれば、将来的にも、二度とロケット事業には関われなくなります。そこで、水原本部長(木下ほうか)は、藤間社長の意を受けて、佃製作所に新たなエンジンバルブシステムの納入を、なんと1カ月の納期で依頼しました。佃と帝国重工の板挟みで、佃(阿部寛)の娘・梨菜(土屋太鳳)も、厳しい立場に追い込まれることに。なにより、この成功には、技術の佃製作所の未来がかかっています。断るわけにはいきません。研究開発費の緊急の調達や、開発そのものの困難さから、佃製作所は、ふたたび難しい局面に立つことになりました。
一方、ギアゴーストが、ケーケーマシーナリーに特許侵害で訴えられ、15億円の損害賠償の支払いに直面したことが、佃製作所に、新たなピンチを招きます。ヤマタニが、ギアゴーストのトランスミッションの採用を一時見合わせにしたからです。ところが、ギアゴーストの伊丹社長(尾上菊之助)は、この話を佃に通していません。佃は、ヤマタニから情報をもらったのでした。
ギアゴーストを訴えている、ケーマシーナリーの顧問弁護士、中川京一(池畑慎之介)は、佃の仇敵でもありました。ダイダロスの重田部長(古舘伊知郎)とも通じている中川は、ギアゴーストを追い込むことは、佃を追い込むことでもあり、闇の情熱を燃やしています。アメリカの大手バルブ会社のケーマシーナリーは、このような知財案件で優秀な同業他社を安い値段で傘下に収め、発展を重ねているのでした。
さて、佃の顧問弁護士、神谷修一(恵俊彰)は、ギアゴーストの事態を、佃にとってのビジネスチャンスととらえます。まず、ケーマシーナリーも特許侵害をしていないかを調べるよう提案します。つまり、リバースエンジニアリングを進め、クロスライセンス契約で損害賠償の15億円を相殺できるなら、佃がホワイトナイトとして15億円でギアゴーストを買収すれば、事実上、無償で優秀な技術を持つ、ギアゴーストを傘下に収めることができるというのです。そうすれば、トランスミッションの技術を手に入れて、佃製作所は繁栄できるのです。軽部真樹男(徳重聡)などは、給料があがると一番に乗り気です。
これは、ギアゴーストにとっては、だまし討ちのようですが、佃製作所の利益は計り知れません。この程度のことはビジネスと割り切る世界なのです。
一度は、その方向を選んだ佃でした。しかし、また、ボーリング場で島津副社長(イモトアヤコ)と遭遇し、ひょんなことで、彼女の車のエンジンを整備することになります。そのとき、ものづくりに対する島津の熱い思いを聞いた佃は、だまし討ち同然に、彼女たちから夢のトランスミッションを作る希望を奪うことに疑問を持つのでした。ユーザーの立場に立って、快適で斬新で、人の役に立つ変速機(トランスミッション)を作りたいという島津の夢は、佃自身の思いと重なるものだったのです。佃は、改めて、従業員たちに土下座をします。このビジネスチャンスを棒に振り、情報を提供して、ギアゴースト自身がリバースエンジニアリングに取り組むのを助ける道を選ばせてほしいというのでした。財務担当の殿村(立川談春)が、一番に賛成します。それでこそ、社長だ。そして、山崎光彦(安田顕)以下の社員たちも、「佃の専売特許は、商売下手だ」と笑い、社員の総意として、ギアゴーストに技術で支援することを決めます。
ところで、殿村は、まだ時折、実家の農家の手伝いに帰っています。高校の同級生・稲本彰(岡田浩暉)から、農業会社を設立する話を聞き、実家の農地を預けることを父(山本學)に提案します。しかし、もちろん、父は断ります。人間の代わりに働いてくれる機械を作ることができたらと、佃に話す殿村でした。
さて、佃製作所にギアゴーストの社員が来て、共同でリバースエンジニアリングを進めますが、最初は、両者の社員は反目し合います。トランスミッション専門のギアゴースト社の検査法は効率が悪いからです。実際、佃製作所はエンジンバルブの開発にも人手がいる状態です。なぜ、商売にもならない技術援助をするのかと、軽部がぶちまけ、乱闘騒ぎになりそうです。特に、ギアゴーストの若手社員・柏田宏樹(馬場徹)は、立花洋介(竹内涼真)と殴り合いになりそうです。伊丹社長も、一度は、佃製作所の技術援助を断る決断をします。ところが、天才エンジニアの島津副社長は、会社のメンツにこだわらず、正しい技術的判断をして、両者の反目をおさえるのでした。そんな島津を、シラケの軽部までが尊敬の目で見つめ、両者の協力はいっそう固いものとなりました。島津はまた、帝国重工のための佃のエンジンバルブの素材についても、的確なアドバイスをして、恩を返すのです。
島津の助言により、佃製作所は、無事に新しいエンジンバルブシステムを帝国重工に納めることができました。和解したギアゴーストの社員たちも、我が事のようにそれを喜んだのです。その後、佃は全社を挙げて、ギアゴーストのリバースエンジニアリングを助けます。しかし、残念なことに、唯一見つけた手がかりも、特許の内容から、特許侵害とまでは主張できないことが分かり、ギアゴーストの社員たちは、肩を落として佃製作所を後にします。
佃は幹部社員を集め、ギアゴーストに15億円の資金協力をさせてくれと頼みます。このままでは、佃製作所の未来も危ないのです。なにより、佃は島津たちの志を支えたいのです。いざというときのたくわえを出すことに最初は反対する社員たちでした。けれども、佃の情熱に賛成します。佃はその足で、ギアゴーストを訪ね、資金提供の意思を表明し、ギアゴーストの伊丹も感謝して受け入れます。
午後1時。勝利を信じていた中川弁護士は、伊丹社長に資金調達ができたといわれて、簡単には信じません。ところが、次回予告で、だれか内部に裏切りものがいて、せっかくの佃の好意も無になりそうな気配が漂うのでした。 下町ロケット3話へ

第2話 感想

帝国重工の、佃製作所に対する押しつけがましい態度には、いらいらしますね。その中で、一見、人質のようでもある、佃の娘・利菜(土屋太鳳)が、けなげに頑張っているのが、ジンと来ました。母の和泉沙耶(真矢みき)もそんな娘と会って支えています。これが、佃一家の再結成に結びつけばいいのですが。

佃は、ギアゴーストの島津の、ものつくりに対する情熱に打たれます。ユーザーの立場に立った技術の開発というのは、佃自身の理想でもありますから。せっかくの商売のチャンスを棒に振って、ギアゴーストを助けた佃と社員たちは、日本の誇りだと感じました。

そして、イモトアヤコ演じる、島津副社長の、技術だけを見つめる柔軟な態度は、本当に素晴らしかったです。乱闘になりそうな男たちを落ち着かせて、尊敬までさせてしまう、彼女のまっすぐな技術屋魂に打たれました。しかし、第1話で、そんな彼女が、ギアゴーストを追われること、彼女を助けた佃も、窮地に追い込まれると知っているので、胸が詰まる思いもします。

中川弁護士は、本当に嫌味で悪魔的ですね。池畑慎之介が上手に演じすぎています()。やはり、知財案件の訴訟が絡む話なので、リバースエンジニアリングとか、クロスライセンス契約だとか、技術的な話が多くて、人間模様をもう少し見ていきたい気もします。来週のどんでん返しでは、その部分がきっと、大いに満たされると期待しています。 


ドラマ阿部 寛下町ロケットの見逃し無料動画の視聴方法は?

ドラマ『下町ロケット』は、Paraviで見ることができますよ。

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービス。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞という
大手のビデオオンデマンドサービスです。

2018年10月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、
この機会に試してみてはいかがでしょうか?


スポンサーズリンク


ドラマ阿部 寛下町ロケットの見逃し無料動画の原作は?

原作は、池井戸潤さんの『下町ロケットヤタガラス』です。


まとめ

『[下町ロケット2018]の第2話あらすじネタバレ!無料見逃し配信/動画の視聴方法も!』はいかがでしたか?

ネタバレは、毎回更新しますので、よければ見に来てくださいね!

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

関連記事
[下町ロケット]の第1話あらすじネタバレ!見逃し無料動画の視聴方法や原作も!