こんにちは。

なんと太田光さんが昔通っていた日大芸術学部に父親が800万円支払って裏口入学したとか!?

すごいニュースですよね。

日曜日に他の人をぶったぎっている太田光さんなので、さぞかしショックを受けているでしょうね。

今回は、『太田光の父親の経歴や職業は?裏口入学できるお金持ちか!』についてまとめていきますね。

スポンサーズリンク

今回の事件を新潮から見てみましょう!


デイリー新潮からの抜粋

本当に、太田光さんは、日大芸術学部に、裏口で入学したのでしょうか?

 東京医科大の入試をめぐる“不正”が取り沙汰される折も折、お笑いコンビ爆笑問題・太田光(53)の裏口入学が発覚。これまた渦中の日本大学がその舞台だが、この裏口が無ければ相方の田中裕二(53)と出会うこともなく……。

***

大東文化大学第一高校に通った太田が、日本大学芸術学部を受験したのは1984年のこと。自身の進学について、〈いずれ日芸に行きたいと思っていた〉と自伝に綴るが、一方で〈ダメなら専門学校の横浜映画学校に行ければいいやって思ってました〉(『爆笑問題 太田光自伝』)。

だが、内装会社を営んでいた父・三郎氏は、溺愛する一人っ子の光を、なんとしてでも日大に合格させたかったようだ。入試前年の83年後半、指定暴力団組長の愛人芸者の娘と知り合い、“知る人ぞ知る裏口入学ネットワーク”に依頼をする。だが、

「この成績では無理だろうというレベルでしたね。太田の父親とも何度か打ち合わせの席を持ちましたが、“息子、バカなんです。バカなんです”と繰り返していてね。“割り算もできないんです”ともボヤいていました」(さる日大関係者)

そこで太田本人に尋ねると、

「僕は身に覚えはないですよ」

裏口入学の過去発覚
との答えが返ってくるが、先の日大関係者は、

「1次試験前日くらいのタイミングで、ホテルに太田を缶詰にしました」

と、裏口入学について具体的な証言をする。曰く、本番と同じ問題を使い、現役教員自らレクチャーした……。となれば、ゲタを履かせてもらっていることは、太田も分かっていたことになる。父・三郎氏は、対価として日大に800万円を支払った。

こうして“合格”した先で出会った相方と結成した爆笑問題は、今年で30年を迎えた。8月8日発売の週刊新潮では、“ゲタを履かせようにも、その足がなかった”という言も出た「太田の裏口入学」について詳しく報じる。

スポンサーズリンク


太田光の父親の経歴や職業は?

叙々苑の店舗設計をしたというのを太田さん自身がよく言っていたので(実家もお父さんのデザイン)一級建築士であろうと言われています。

そしてお父さんは書家でもあったそうで、なんと叙々苑のロゴも書いてらっしゃいました!

相当器用な方だったんですね~!

太田光さんの本の表紙についてもお父さんが書かれているそうです。

太田光カラス本表紙画像

確かにいい感じしますね。


太田光の母親の経歴や職業は?

ただ、太田さんのお母さんの血筋は凄くて、祖母が松永久秀の子孫で、祖父は島崎藤村の書生だったとか言われているそうです。

お母さんの血筋は凄いいいということは、昔は同じような家のレベルかそれ以上のところへ嫁に行っているでしょうから、
太田光さんの父親もいい血統であろうと推測されますね。


太田光代さん訴訟問題へ発展か?

太田光代社長は、訴えることも考えているような内容ですよね。
確かに事務所の大事な商品をこうもまことしやかに裏口入学と言われるとダメージが大きすぎますもんね。

まとめ

『太田光の父親の経歴や職業は?裏口入学できるお金持ちか!』はいかかでしたか?

太田光さんの父親は、建築家でそして書家であったので、普通よりはだいぶ経済的に豊かだった思われます。

もうなくなられておられるので、太田光さんも確かめることはできないので、少しだけ不安なところありますが・・。

一人息子だけにそこまでしたのか、親としてはありますけど、やはりそこまではないかなと信じたいところでありますね。

最後までお読み頂きましてありがとうございました!

スポンサーズリンク