こんにちは。

ついに野村周平さんのドラマ「僕の初恋を君に捧ぐ」がもうすぐ始まりますね!

『野村周平【僕の初恋を君に捧ぐ】あらすじとキャスト/相関図は?原作や主題歌も!』についてまとめていきます。


スポンサーズリンク



野村周平ドラマ【僕の初恋を君に捧ぐ】の相関図やキャストについて

放送日
第1回1月19日土曜日 毎週土曜日よる11時15分から0:05 テレビ朝日系

野村周平ドラマ【僕の初恋を君に捧ぐ】全話あらすじ

【僕の初恋を君に捧ぐ】第1話あらすじネタバレ
【僕の初恋を君に捧ぐ】第2話あらすじネタバレ
【僕の初恋を君に捧ぐ】第3話あらすじネタバレ
【僕の初恋を君に捧ぐ】第4話あらすじネタバレ
【僕の初恋を君に捧ぐ】第5話あらすじネタバレ
【僕の初恋を君に捧ぐ】第6話あらすじネタバレ
【僕の初恋を君に捧ぐ】第7話あらすじネタバレ
【僕の初恋を君に捧ぐ】第8話あらすじネタバレ
【僕の初恋を君に捧ぐ】第9話あらすじネタバレ
【僕の初恋を君に捧ぐ】第10話あらすじネタバレ

※随時更新予定です。


野村周平ドラマ僕の初恋を君に捧ぐの相関図

相関図後程更新予定です。

野村周平ドラマ僕の初恋を君に捧ぐのキャスト

<キャスト>

■心臓病を患っている:垣野内逞(野村周平)

■逞の主治医の娘:種田繭(桜井日奈子)

■逞と繭の先輩:鈴谷昂(宮沢氷魚)

■昂の弟:鈴谷律(佐藤寛太)

■逞の入院中の友達:上原照(馬場ふみか)

■昂の同級生:五十嵐優実(松井愛莉)

■逞と繭の同級生:田村結子(矢作穂香)

■逞と繭の先輩:神尾耕太郎(岐洲匠)

■逞と繭の先輩:生田成美(福本莉子)

■看護師:向井早苗(是永瞳)

■繭の母:種田陵子(真飛聖)

■逞の父:垣野内寛貴(児嶋一哉)

■逞の母:垣野内えみ(石田ひかり)

■繭の父:種田穣(生瀬勝久)


野村周平ドラマ僕の初恋を君に捧ぐ第1話あらすじ

18歳の垣野内逞(野村周平)は、写真館に来ていた。
カメラを向ける店主に写真の用途を聞かれるが「何となく」と応え、満面の笑みでピースサインを出した――。

時は遡り、逞が8歳の頃。
病院に入院している逞のそばにはいつも、同じ年の女の子・繭(桜井日奈子)がいた。
ある日、病室を抜け出して訪れた夜の公園で、逞と繭は夜空を仰ぎながら結婚の約束を交わす。

自分たちには未来があると信じて、疑わずに…。
それから7年後。15歳になった逞は、名門・私立紫堂高校に入学。

新入生たちに向かって「学園生活をエンジョイしようぜ!」と叫ぶ生徒会長・鈴谷 昂(宮沢氷魚)の挨拶に驚く逞だったが、次に新入生代表の挨拶で壇に上がった女子生徒の顔を見て、さらに驚がくする。

なんとその女子生徒は、かつて星空の下で結婚の約束をした、幼なじみの繭だったのだ!
全校生徒を前に壇上から大声で「この私から逃げようなんて百万年早いのよ! ぜっっったいに、逃さないからね!」と逞へ向け宣言する彼女は…誰よりも会うのを避けていた大切な初恋の人物なのだった。

隠れて猛勉強してまで自分を追いかけてきた繭に対し、逞は戸惑いを隠せない。
泣かせたくない大事な女の子との関係を「せっかく終わりにするって決めたのに」。

小さい頃に偶然聞いてしまった自分の命のタイムリミットについての記憶が、逞の頭の中でまたよみがえるが…。公式サイトより



スポンサーズリンク



注目キャスト作品など紹介

【野村周平】
1993年11月14日(25歳)

主なテレビドラマ
『35歳の高校生』『恋仲』『好きな人がいること』
『フラジャイル』『結婚相手は抽選で』

【桜井日奈子】
1997年4月2日(21歳)

主なテレビドラマ
『そして、誰もいなくなった』『THE LAST COP/ラストコップ』
『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜

野村周平ドラマ【僕の初恋を君に捧ぐ】の見どころ

純愛ラブストーリーの漫画と言えば?と聞かれたら、この漫画を挙げる人は多いと思います。それほど大ヒットした漫画で、2009年に井上真央さんと岡田将生さん主演で実写映画化されたときにも興業収入20億を超える大ヒットになりました。

そんな大人気の作品が今度はドラマになって放送されるということで、楽しみにされている方も多いのではないでしょうか?

見どころはやっぱり二人の恋の行方ですね。
「僕の初恋をキミに捧ぐ」は、とにかくキュンキュンします。
例えば、「僕は幸せだった。繭が好きで好きで、毎日毎日どんどん好きになってく。」
「もう一秒だって無駄にしたくなかった。僕の全力で、命がけで、繭と大切にしたいと思った。」など、他にもたくさんあるのですが、
主演の野村周平さんがこのセリフを言うところを想像するだけで
もうキュンキュンしちゃいますよね。

ただ、このお話は恋愛のキュンキュンだけではなくて、命の大切さ、重さについて本当に考えさせられるお話です。
主人公の逞は、心臓病で長く生きることができないのです。
二十歳まで生きられない。生きたいのに生きられない。

もし自分だったら…友達、家族、恋人だったら…
想像するだけで胸がしめつけられますよね。

このドラマを見れば、毎日大切に生きようと思えて
まわりの人も大切にしようと改めて考えさせられます。

野村周平さん、桜井日奈子さんの他のキャスト人も
イケメン俳優さんや、キレイな女優さんたちがそろっています。

逞と繭以外の恋愛模様も気になるところですね。
宮沢氷魚さんのオレ様キャラもどう演じられるのか、楽しみです。


野村周平ドラマ【僕の初恋を君に捧ぐ】の原作や主題歌について


【野村周平ドラマ僕の初恋を君に捧ぐ】の原作

作者は青木琴美さんで2005年から2008年まで
「少女コミック」にて連載されていました。
2009年には井上真央さんと岡田将生さん主演で映画化されています。


【野村周平ドラマ僕の初恋を君に捧ぐ】の主題歌

☆主題歌

DEAN FUJIOKA/「Maybe Tomorrow」
このドラマのために書き下ろされた曲で、力強く生きていく意思をイメージし、「明日になったら、もしかしたら???」という人生の意外性と可能性をテーマにした楽曲だそうです。

下のアルバムには、たくさんの主題歌入っています。
今回の主題歌も入っています!
DEAN FUJIOKA – New Album “History In The Making” Trailer
2019/1/30発売予定

☆オープニング曲

発表されていません。

まとめ

『野村周平【僕の初恋を君に捧ぐ】の相関図や原作にキャストについて』はいかがでしたか?

ひと肌恋しい季節になってきましたが、土曜日の夜、二人の純愛をみれば自然と心があったまるはずです!

涙なしには見られないドラマですが、ぜひ大切な人と一緒に見てもらいたいドラマの一つです。

ティッシュを用意してみてくださいね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

スポンサーズリンク