夏になると、全国各地で花火大会が行われますね。
中でも観客動員数№1の花火大会が、江戸川区花火大会です!

市川市の市川市民納涼花火大会と同時開催されることから、例年130万人以上の見物客が訪れます。

周辺はもちろん大混雑!
事前に状況をしっかり把握しておかないと、大変な思いをしてしまうかも。

そこで今回は、江戸川区花火大会の混雑予想や穴場スポット、さらに屋台についてもご紹介したいと思います。

題して、『江戸川区花火大会2019混雑予想や穴場スポットは?屋台についても!』です!

スポンサーズリンク



江戸川区花火大会とは?

江戸川区花火大会は、毎年8月第1土曜日に開催されます。

2019年の日程は次のとおりです。
・開催日:2019年8月3日(土)
・時間:19:15~20:30
・場所:江戸川河川敷(都立篠崎公園先)
※荒天の場合は翌日に順延、翌日も打ち上げ不可能な場合は中止

趣の違う8つのテーマで構成され、それぞれのイメージに沿った音楽とともに、約14000発の花火が打ち上がります。

見どころはオープニングから!
5秒間で1000発打ちの「絢爛!江戸川夢華火!」は、江戸川区花火大会の名物となっています。

さらにフィナーレを飾る金銀カムロシャワーは、まるで別世界にいるかのよう。

他にも様々な趣向を凝らした花火が盛りだくさんで、ここでしか見られないきめ細やかな演出を楽しむことができます!

江戸川区花火大会 混雑予想は?

江戸川区花火大会は例年約130万人以上、全国1位の観客動員数を誇ります。

なので、混雑も日本一!
まず、行きの電車で混雑します。

会場までの最寄り駅は篠崎駅・小岩駅・江戸川駅で、特に人が多いのは篠崎駅と小岩駅です。
少しでも混雑を避けたいと思う方は、江戸川駅を利用することをおすすめします。

また、花火開始前は17時から18時が混雑のピークになります。
時間に余裕のある方は、15時から遅くても16時までには到着しておくようにしましょう。
まだまだ暑い時間なので、熱中症対策はお忘れなく。

花火の観覧エリアは広い河川敷なので、どこにも場所がないなんてことにはならないようです。
ただし、花火が始まる直前では良い場所は確保できません。

さらに混雑で困るのが、トイレですよね。
特に花火終了後は長蛇の列になりますので、花火の最中であったとしても早めに済ませておく方が無難です。

そして1番混雑するのが、帰宅時の駅周辺です。
なんせ130万人以上が一斉に帰宅するわけですから、その混雑ぶりは想像以上!

どの駅も入場規制がかかるほど人が殺到しますので、電車に乗るまでに数時間待つことも覚悟しておきましょう。

江戸川区花火大会 穴場スポットは?

ここでは、江戸川区花火大会を満喫するための穴場スポットをご紹介します!

篠崎公園

打ち上げ会場から近く、場所によってはほぼ真上に花火が打ち上がる絶好のスポットです。
園内も広いので、大人数で観覧したい方におすすめです。

ただし場所取り激戦区になりますので、15時ごろにはシートで埋まってしまいます。
数日前から場所取りをしている人もいますので、こちらで観覧したい方は早めに到着しておくようにしましょう。

篠崎ポニーランド付近

 

View this post on Instagram

 

今年もこれました 江戸川花火大会 #江戸川 #花火 #江戸川区

satoさん(@ihsotasatoshi)がシェアした投稿 -

江戸川河川敷の中ですが、打ち上げ会場からは少し離れた場所なので、比較的混雑は少なめです。
花火の迫力は少なくなりますが、混雑が苦手な方やお子様連れの方におすすめです。

スポンサーズリンク



行徳会場

市川市側にある会場です。
打ち上げ場所からは離れますが、江戸川区側よりも人の数は少なめなので、ゆっくり花火を楽しむことができます。

大洲防災公園

会場から距離がありますので、その分混雑は少なくなります。
小さくても花火が見えれば良いという方におすすめです。

江戸川区花火大会 屋台は?

江戸川区花火大会の屋台は、江戸川区側と市川区側に分かれています。

江戸川区側は篠崎駅・小岩駅・江戸川駅の周辺と会場までの道沿いなどに、
市川市側は市川駅・本八幡駅・国府台駅の周辺と会場までの道沿いなどに出店しています。

全体的に、江戸川区側に比べて市川市側の方が屋台の数が多いようです。

また、花火会場となる河川敷は、屋台の出店禁止区域に指定されています。
屋台に寄るのは会場に着いてからと思っていると、いつの間にか屋台がなくなって、来た道を引き返すことになってしまいます。

気になる屋台があったら、迷わず寄るようにしましょうね。

なお、コンビニで買い出ししようと考えている方、駅周辺のコンビニは多くの客で大混雑します。
レジ待ちや品切れもありますので、屋台以外で買おうと思うなら、自宅近くで購入してから現地へ向かうようにしましょう。

まとめ

『江戸川区花火大会2019混雑予想や穴場スポットは?屋台についても!』はいかがでしたか?

江戸川区花火大会は、全国1位の観客動員数を誇る大人気の花火大会です。
例年約130万人が押し寄せるので、周辺は大混雑します。
なるべく混雑を避けたい方は、早めの行動を心がけましょう。

穴場スポットも多くありますので、ご自分の状況に応じた場所で花火を楽しんでくださいね。

また、会場の河川敷には屋台は出店していませんので、気になる屋台があったら迷わず寄るようにしましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーズリンク